頭蓋骨矯正は不安症やうつにも最適!

不安症やうつ病は現代病とも言われています。
そういった病を抱えて暮らしていくのは本当に大変なことです。

現在その関係はどうなっているのでしょうか?
以下<ヘルス大学からの抜粋です>

🌟不安障害の患者は約4割の人がすでにうつ病を併発している、あるいはこれから発症するといわれています。

一方で、うつ病を持っている場合、全般性不安障害(GAD)やパニック障害をすでに併発していることもあります。気分障害や不安障害をひとつでも持っていると、なんらかの精神疾患を高確率で発症するという特徴があります。

しかし、不安による心の病を抱えていることに気づかないことが多いとされています。そのため治療を行うことができずに症状が悪化し、重症化したころには別の精神疾患を併発しているケースも少なくありません。


ここまで。

 

不安症、うつ病、パニック障害これらすべては生活に支障が出てもおかしくはありません。

当院の頭蓋骨矯正はこれらの症状にも適応しています。
一度試してみてください。

頭蓋骨矯正は頭痛をはじめとする頭の中から来る様々な症状に対して脳脊髄液を出していくという手技で症状の緩和に努めています。

受けられた方はこんなに変わるならもっと早く来れば良かったと言われる方が多くいます。

すがすがしい気分に1日も早くなってみてください。

院長

zugaikotsu2





サイト管理

このページの先頭へ