テグー訪問マッサージ協会(在宅リハビリ)

嚥下・うで・あしが思うように動かない方へ

◆是非ご利用してみてください.

いま北陸の方でも脳梗塞の患者様をいい方向へ機能訓練しています。
この経験は必ずここ西荻窪でも生きてくると思います。

今までにはない施術を味わってみてください。

shun8844 059-s

テグー訪問マッサージ協会

☎お気軽に、080-5544-3707(月~金は朝9時~夕方6時)までお電話ください!

平成18年に診療報酬改定が行われ脳梗塞などの脳血管疾患が180日とリハビリの医療保険適用に利用日数制限が設けられました。

制限を超えてリハビリが必要なケースは多く改定も進んでいますが制度の周知や理解は十分とは言えません。

医療保険制度を利用した訪問マッサージもその一つです。

 

歩行困難や脳梗塞などの麻痺、慢性的な痛みがある場合は医師の同意を得て「あん摩・マッサージ・指圧師」

の国家資格取得者が自宅や介護施設を訪問しての施術を医療保険を使って受けられます。

利用者負担は数百円から~千数百円です。

 

テグー訪問マッサージ協会では寝たきりや自立歩行が困難な患者様を対象に訪問マッサージを行っています。

なかでも、リハビリ制限により病院で十分なリハビリが受けられないまま半強制的に退院させられ在宅で介護保険によるリハビリを

受けられない患者様は医療保険を利用しての訪問マッサージが受けられます。

 

リハビリ制限とは:医療費の抑制、高齢者の社会的入院を減らすこと、医療保険と介護保険の役割を明確のすることなどの目的で2006年に介護保険制度の改定と同時に医療法を改正病気ごとにリハビリを受けられる日数に限度が設けられた。
脳血管の病気の場合発症、手術から最長でも180日が限度。この180日を経過後、65歳以上のひとは介護保険施設へのデイケアや在宅リハビリの利用に切り替える必要がある。

 

リハビリ制限で自宅療養中の方がリハビリを再開する方法は

①医療機関に通院する方法

難点:リハビリは期間制限がありますしご家族の負担が大きいです。

②ヘルパーに通院介護を頼む方法

難点:介護保険は使える(枠)が決まっており患者さんの生活に必要な介護サービスを優先させるため
結果的に通院回数も少なくなりリハビリの回数を減らすことになります。

③デイサービスを利用する方法

難点:集団リハビリになってしまい、個別に見てもらうことが困難なため十分な質と量の機能訓練を
をすることがむつかしくなります。

④理学療法士の先生に訪問してもらう方法

難点:人手不足は否めません。

などがあります。

 

訪問マッサージのメリット

あん摩・指圧・マッサージ師の国家資格取得者の使う医療保険は他の介護保険を圧迫することはありません。

また医療助成(障害手帳等をお持ちの方)や生活保護を受けている方の取り扱いもしております。

訪問マッサージの負担金額(施術部位や回数で多少前後しますが):

健康保険負担1割の方:1回4百円未満

訪問マッサージ期間の制限:特に期間の設定はありませんので医師の同意を継続的に得られれば充分期間

充分な回数のマッサージや機能訓練が受けられます。

ご自宅にお住まいの方はもちろんのこと、施設にお住まいの方でも施設側の許可があればほとんどの介護施設に

通うことができます。

訪問マッサージの利用方法

①施術家が訪問して患者様の症状やお体の状態を詳しく聞きます。

②患者様の必要とされる箇所を施術(無料体験)します。

③体験終了後に健康保険を使ったマッサージを行うための必要書類(同意書)をお渡しします。

④必要書類(同意書)を本人、またはご家族の方が担当の医師へ提出して必要事項を記入してもらいます。

⑤必要書類(同意書)の内容に従い訪問施術開始となります。

 

テグー訪問マッサージ協会のメリット

①高い技術力があります。

②信頼される施術師が訪問します。

③脳梗塞の麻痺の方専門もあります。

④身内のように血のかよった施術師が訪問します。

⑤地元超密着型で訪問していますのでスピーディな対応ができます。

 あなたはこんなことでお困りではありませんか?

①関節拘縮により歩行が困難な方

②身体にマヒのある方

③寝たきり状態の方

④慢性的な痛みのある方

⑤車椅子使用の方

⑤そのほか、身体に不自由がある方

心配はいりません。是非私たちにお任せ下さい。

①テグー訪問マッサージ協会ではなにより技術力に定評があります。
だんだんと身体の悩みから解放されていくことが可能です。

②テグー訪問マッサージ協会では1番にあなたのことを心配しています。
親身になって血の通う施術をいつも考えています。

③テグー訪問マッサージ協会では以前、元気だった頃のあなたに戻る
お手伝いができます。前向きな気持ちは身体が軽くなった時から始まります。

 

西荻窪・松庵・善福寺周辺のみなさまに支持されている理由

①即日or翌日までにスピーディに対応します!

慢性的な痛みを抱えた高齢者のかたはちょっとした体調の変化でも不安に思うことがあります。
痛みは我慢してはいけません。少しでも早く施術することで痛みから解放されます。

即日または翌日すぐに対応します。電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

 

②担当者会議などにも出席させていただき、リハビリやマッサージの経過を報告します。

訪問マッサージを行う上でお医者さんをはじめ看護師さんや理学療法士さん、作業療法士さん、ケアマネージャーさん、ヘルパーさん
などと連携をとって行くことが非常に重要です。

必要があれば担当者会議などにも出席し、ご利用者様に携わる関係機関の方々に定期的に経過報告書をお送りして常に情報交換を
して交流を図ります。
短期・中期の目標を定めて、患者様にピッタリのペースを考えマッサージやリハビリを行っていきます。

 

③目標表や予定表を作り無理のないペースでやる気をもって患者様のリハビリ・マッサージを行います。

無理なく着実に元気な頃の患者様に戻れる施術をいたします。
④親身になって話を聞くので精神的ケアにも効果てきめんです。
患者様のなかには悩み事をいろいろと相談したいという方も多いです。
誰も話を聞いてくれなくて困っているというひとり暮らしの高齢者もこの地域にはたくさんいらっしゃいます。
テグー訪問マッサージ協会では時間の許す限りいろいろな悩みを自分のことのように親身になって対応させていただきますので
ご安心してください。

訪問マッサージ範囲

 

西荻窪駅を中心に訪問しています。

吉祥寺東町・桃井・上荻・高井戸・南荻窪・善福寺・松庵周辺伺います。

詳しくはお問い合わせください。

大きな地図で見る

 

よくある質問

 

①健康保険は使えますか?

はい!使えます。介護保険で限度額が一杯の方でも安心ください!

 介護保険は一切使いません!全て健康保険が適用となります!

 

★健康保険の取扱い

医師の同意書により健康保険でマッサージの治療が受けられます。

そのため安価で安心、安全な治療が受けられます。


★マッサージの保険取扱い★

療養の支給(現金給付)償還払い

マッサージの治療でかかった費用は、保険者(市区町村行政機関や保険組合等)から

その費用が支払われるという制度で、一般の病院で受ける保険治療とは少し違いますが、

健康保険法に基づいた治療ということでは同じです。

 

療養費制度は患者様が治療費をマッサージ治療院に一旦、全額払った上で、

患者様自身が保険者(市区町村行政機関や保険組合等)に医療費を請求し、

現金で医療費が支払われるような仕組みになっております。

 

「患者様はこのような面倒な手続きは一切必要ありません!

 支払いに関してはテグー訪問マッサージ協会に全てお任せください!」 

★保険請求の代行

現状の制度ですと、マッサージの療養費は患者様が治療院に治療費を10割支払った後に、

患者様が市役所や区役所などの窓口に行き9割なり7割を戻してくださいと請求する仕組みになっています。

時間もかかりますし面倒な手続きが必要です。

このような制度があるため、健康保険でのマッサージ治療がなかなか普及しにくいのです。

何も知らない患者様が自分で請求するなどということは、実際は大変な労力を要します。

テグー訪問マッサージ協会では患者様に変わって保険請求業務を代行しております(民法643条に基づく)

◆ 医師の指示及び病状に適した回数の治療が受けられます。

◆ 治療費は施術料金と往診料込みの金額となります。

◆身体障害手帳をお持ちの方は、助成制度が受けられます。

★市区町村によって、助成を受けられる障害者等級数に多少の違いがあります。

 

②治療費について

改訂料金

(1)マッサージを行った場合・・・1局所につき  275円

(2)温罨法を併施した場合・・・1回につき   80円加算

★温罨法(おんあんぽう):蒸しタオル等で患部を温める方法痰の排出や咳の軽減に効果があります。

(3)変形徒手矯正術を行った場合・・・1肢につき   565円

★変形徒手矯正術:関節可動域に制限を有する病状のおいて、可動域を拡大する(元の状態に回復)
目的をもって行われる矯正術のことです。

徒手による矯正術と厚生労働省で定めていて、四肢の関節拘縮、固縮、痙性拘縮、強直などに対して行われます。
マッサージや運動法をはじめとし、様々な手技を駆使して行います。
あん摩マッサージ指圧師が医師に同意(同意書)を得ることにより、健康保険の適応になります。

(4)鍼灸を行った場合・・・1回につき   1525円(現在テグー訪問マッサージでは行っていません)

(5)往療料 1800円(2km以内)

~2kmまで:1800円

~4kmまで:2600円

~6kmまで:3400円

~8kmまで:4200円

★ 往療距離が片道2キロメートルを超え8キロメートルまでの場合については、
2キロメートル又はその端数を増すごとに、所定料金に800円を加算し、
片道8キロメートルを超えた場合については、一律2400円を加算する。

★片道16キロメートルを超える場合の往療料は往療を必要とする
絶対的な理由がある場合以外は認められないこと。

 

例えば・・・ 76歳女性で脳梗塞後遺症により、右片麻痺があり自力での歩行が困難な患者様で、
右肘関節と右膝関節が固まってしまっている。
往療距離は3.9kmです。
施術は全身のマッサージと右肘と右膝の関節(特に拘縮した関節)への
運動療法とマッサージ治療を行った場合

 

1回の施術料金:
275円×3部位(体幹、左手、左足)+565円×2部位(右手、右足)=1955円

1回の往療料金:
1800円+800円=2600円

1955円 + 2600円 = 4555円

健康保険の自己負担率が1割負担の方は、1回につき456円

 

患者様の体の状態と往療費によって料金はかわりますが、
1回の治療費は 約300~600円
程度になります。

 

③どんな人が対象になりますか?

 

筋肉が弱っていたり、関節が固まっていたりして
自力での歩行が難しく病院や治療院へ通院するのが
大変な方となります。寝たきりの方も対象にとなります。

目安として要介護1~5の方で上記に当てはまる方は
一度、ご相談ください!(介護保険は一切使いません)

 

対象疾患について(マッサージ)

マッサージの適応症は、一律に診断名によることなく、筋麻痺・関節拘縮といった症状であります。
麻痺の緩解措置としての手技、あるいは、関節拘縮や筋萎縮が起こっているところに、
その制限されている関節可動域の拡大と筋力増強を促し、症状の改善・維持を目的とした
マッサージを行います。

対象疾患例

・脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)

・脊髄損傷後遺症

・骨折術後の後遺症

・リウマチ

・パーキンソン病・症候群

・変形性膝関節症

・変形性脊椎症

・筋萎縮

・関節拘縮

・疾病のため日常生活が困難な方等

その他の対象疾患:脳性麻痺(成人)、変形性頚椎症、変形性脊椎症(頚部痛、背部痛、腰痛)、

変形性腰椎症、変形性膝関節症、変形性関節症、多発性脳梗塞、くも膜下出血、

脳腫瘍術後、脳挫傷、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、球脊髄性筋萎縮症、

シャイ・ドレーガー症候群、大脳皮質基底核変性症、運動ニューロン病、筋緊張性ジストロフィー、

後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、多発性硬化症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷、腰椎圧迫骨折、

大腿骨頚部骨折、糖尿病性抹消神経障害、関節運動障害、筋麻痺、関節拘縮、

その他疼痛疾患などバーチャ病、筋ジストロフィー、ニューロパチー、純粋アキネジア

変形性腰痛症、変形性膝関節症、変形性脊椎症、慢性関節リウマチ、多発性関節リウマチ

腰椎椎間板ヘルニア、脳性麻痺、頚髄損傷、頸椎損傷、四肢体幹機能障害

広範脊柱管狭窄症、大腿骨頸部骨折後遺症、四肢筋萎縮、大脳皮質萎縮

多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、サルコイドーシス、末梢神経障害、ギランバレー症候群

神経原生筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、全身廃用症候群、上下肢筋肉廃用性萎縮

閉塞性動脈硬化症、長期透析合併症による骨関節障害、多発性筋炎

基本的には上記疾患等で、麻痺や痛みがあったり、関節の動きが悪い方、

通院困難な方に健康保険適応での治療を取扱っております。

車椅子をご使用の方、杖を突いている方、寝たきりの方等で

マッサージをご利用になりたい方はテグー訪問マッサージ協会まで一度ご連絡下さい。

shunshun 008-s

④マッサージの効果

 

①マッサージ効果

血液・リンパ循環や代謝を促進させて、むくみや床ずれの改善と予防をします。

固くなった筋肉を緩めて、痛みやシビレを軽減させます。

またテグー訪問マッサージ協会独自の技術力で痛みをなくする施術が症状によって可能です。

②リハビリ効果

関節の動きを良くして筋力の低下を防ぎ、立ち上がりや歩行の訓練により

身体機能を向上させます。

姿勢を良くする訓練を行うことで、呼吸や飲食がしやすくなります。

寝たきりの方であれば、衣服の着脱・トイレの動作・おむつ交換が楽になります。

 

③精神的ケア効果

患者様と信頼関係を築きながら、精神的ケアも行います。

お話しすることで病気に対する不安やストレスを少しでも軽減させ、

お一人暮らしの方、日中お一人の方でも安心して治療が受けられる

ような環境作りをして行きます。

 

⑤治療の流れ

 

基本的な施術の流れです。

体の状態によっても違うので「マッサージ(5部位)」を例に紹介します。

1:訪問

施術予定日当日、少し予約時間より早めにお伺いできるよう注意します。
テグー訪問マッサージ協会のスタッフは誰もが笑顔で伺います。

 

2:問診・検査・チェック

まず、問診カードに記入(初回のみ)して頂き、
その間に簡単に準備をさせていただきます。
その後、現在の状態などを良く聞き、痛みのでる箇所等の確認をしていきます。

検査、チェックは足の長さや、骨盤の状態など、身体のバランスをチェックしていきす。

3:マッサージ(5部位)(30分)

施術の基本的な流れ

★うつ伏せ

太もも→ふくらはぎ→足首→足裏→腰→臀部(お尻の部位)→背中→肩→首

状態により筋力強化エクササイズ+テグー整体(テグー訪問マッサージ協会オリジナルです)

★仰向け

足の甲→すね・太もも→腹部→腕・手→首

状態により筋力強化エクササイズ+テグー整体(テグー訪問マッサージ協会オリジナルです)
★起き上がって身体のチェック(動きの確認をします)

★アドバイス

自宅で出来る簡単なセルフケア、ストレッチなどの指導。その他。

基本的な流れは上記のような感じです。
患者様にあった施術を心がけておりますのでそのときどき流れが上記とは異なることもございますが、
患者様の身体が元に戻る1番の方法を思っての判断で施術させていただいております。

 

◆どんな人がやるの?

マッサージ師の免許を有する国家資格者です。

あなたの状態に合わせて施術するので安心です。

 

◆施術内容は?

 

麻痺・運動障害・関節拘縮の機能回復及び機能維持を目的とした

医療マッサージやリハビリ運動療法です。

 

◆治療時間は?

医療保険の適用範囲での施術となりますので全身施術で約20分~30分です。

 

⑥始めるためにはどうすればいいの?

 

始めるのは、ものすごく簡単です!

最初の一歩はお電話から!

 

お気軽に☎080-5544-3707(月~金は朝9時~夕方5時)までお電話ください!

 

1:無料体験のお申し込み

 

このホームページをご覧になって興味を持って頂けたら

まずは、080-5544-3707(月~金は朝9時~夕方6時)

それ以外の曜日や時間帯はで、お気軽にお電話ください。

最初に、マッサージ(無料体験)を実施しますので安心してご利用ください。

 

2:無料体験の実施

 

最初に、患者様のお宅に直接訪問し、治療方針やサービス内容、

お支払い方法などのご説明をいたします。

身体の悩み、その他お困りの事がありましたら何でもご相談ください。

その後、約20分のマッサージ(無料体験)を受けていただきます。

 

3:同意書のご依頼
サービスを利用するには、主治医の同意書が必要です。

基本的には、患者様から、かかりつけの医師へ同意書の記述をお願いしていただきます。

但し、一人暮らしの方で痛みが強く外出できない場合などは、当院スタッフが

かかりつけ医の所へ行って同意書をもらってくる場合もあります。

同意書などの書類は、当院にてご用意いたします。

 

4:治療開始

いよいよ治療開始です。

患者様の心のケアと症状や体力に合わせた治療計画をご提案していきます。

一緒に頑張りましょう!

 

⑦無料体験の流れ

保険を使った訪問マッサージってどんなもの?

良くわからないから、「まず試してみたい」という方のために体験マッサージを始めました
もちろん無料です!

マッサージ費、依頼書作成、同意書提出など一切費用はかかりません。

無料体験なので、医師の同意書も必要ありません。

「訪問マッサージ」のサービス内容や施術方法を知っていただくためのサービスですので

興味のある方はお気軽に、080-5544-3707(月~金は朝9時~夕方5時まで)までお電話ください!

 

ネットからのお申し込みはsasuke@te-goo.com

件名を「訪問マッサージ無料体験」

下記の必要事項を入力して送信して下さい。

折り返し担当者よりご連絡いたします。

※印は必須項目です。必ずご入力いただきますようお願いいたします。

●お名前 ※

●お名前(フリガナ) ※

●年齢 ※  歳

●性別 ※  男性   女性

●郵便番号 ※  (例:000-0000)

●ご住所 ※

●TEL ※

●要介護度

●病名

●症状

 

●関連病院

●主治医名

●介護事業者名

●ケアマネージャー

●ご意見・ご要望 

 

 

⑧無料体験の流れ(会話編)

 

テグー「はい、テグー訪問マッサージ協会です。」

 

あなた「もしもし、HPの初回無料体験のページを見てお電話したのですが」

 

テグー「ありがとうございます。無料体験のお問い合わせですね。

 

  それではまず、あなたのお体の状態をお聞きしたいのですがよろしいですか?」

 

あなた「1年前に脳梗塞で倒れて、左半身に麻痺が残っているので

 

  訪問マッサージをお願いしたいと思っているのですが。」

テグー「わかりました。それでは、一度ご自宅にお伺いしたいと思うのですが

 

 ご都合の良い日時はありますか?」

 

あなた「それでは、水曜日の午後の3時は大丈夫ですか?」

テグー「はい、わかりました。今週の水曜日の午後3時にお伺いしたいと思います」

 

あなた「何か用意しておいた方が良いものってありますか?」

テグー「特にございませんが、マッサージを受けやすい服装でお待ちください」

 

あなた「わかりました。それではお願いします」

 

テグー「よろしく、お願いします」

2:ご自宅を訪問し、詳しいご説明を致します。

テグー「ピンポーン!本日、無料体験のマッサージをさせていただく大野と申します」

 

あなた「こんにちわ。中にあがってください」

テグー「失礼します。始めまして、テグー訪問マッサージ協会のマッサージ師の大野和宏と申します。

 

 本日はよろしくお願いいたします。早速ですが、マッサージをする前に

 

 簡単にあなたのカラダの症状や身体状況をチェックさせていただきたいと思います。

 

 今、日常生活で一番困っていることは何ですか?また、お体の中で一番つらい

 

 ところはどこですか?」

あなた「うーん、日常生活ではやっぱり左手の自由が効かないのが大変です。

 

   あとは、歩き方がどうしてもスムーズに行かなくて困っています」

テグー「わかりました。訪問マッサージの目的は左手の動きを良くする事と

 

  歩行をスムーズに行うということでよろしいですね?」

あなた「はい、よろしくお願いします」

3:症状や身体状況を記録し無料体験(30分)を始めます。

テグー「それでは、本日は無料体験ということで30分程度のマッサージで

 

 左手の曲げ伸ばしと左足のストレッチをメインとしたマッサージをさせていただきます」

 

あなた「よろしく、おねがいします。」

4:マッサージ終了後、同意書用紙・依頼書をお渡しします。

テグー「それでは、今日はこれで終りになります。お疲れ様でした。

 

    今日は無料体験ということでしたが、今後継続して訪問マッサージを行いたい

 

    と考えておられるなら、医師にお渡しする同意書と依頼書をお渡ししたいと

 

    思いますが、どうしましょうか?」

あなた「もし、継続してお願いすると、値段はいくらくらいになるんですか?

    また、週に何回くらい受ければ良いものなんでしょうか? 」

テグー「料金は一回300円程度になります。そうですね、あなたの状態なら

 

    週に2~3回くらいが丁度良いと思います」

あなた「わかりました。それでは今後もお願いしたいと思います」

テグー「ありがとうございます。一緒にがんばって行きましょう!」

あなた「同意書とか依頼書っていうのは何なんですか?」

テグー「まず、こちらの同意書ですが、健康保険でマッサージの施術を受けるには、

 

    医師の発行した同意書が必要です。同意書は医師が、マッサージ施術の

 

    必要性を認めた場合に発行されます。

 

    また、依頼書とはあなたがマッサージ受けるために必要な同意書にサインを

 

    お願いするために必要な書類です。」

 

あなた「なるほど。それじゃあ、同意書と依頼書を持ってかかりつけ医まで行けばよいのですね?」

テグー「そうですね。初回同意時には同意書用紙、依頼書を持って通院し、主治医に提出し

 

    同意書の交付をご依頼下さればと思います。」

あなた「わかりました。早速明日の午前中に、かかりつけの内科医のところへ持っていってみます。」

テグー「初めてのことですから、なかなか分からないこともあると思いますが、

 

     どんな些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。」

 

⑨よくある質問

 

Q1. 介護保険とは違うの?

介護保険ではありませんので、介護保険の訪問リハビリと併用ができます。
介護保険の範囲を気にせずにマッサージがうけられます。

Q2. どんな人が受けられるの?

筋肉の麻痺や関節の拘縮などの症状があり、歩行困難な方や寝たきり状態の方、
医師により医療マッサージの必要性が認められた方が対象です。

・脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)

・脊髄損傷後遺症

・骨折術後の後遺症

・リウマチ

・パーキンソン病・症候群

・変形性膝関節症

・変形性脊椎症

・筋萎縮

・関節拘縮

・疾病のため日常生活が困難な方等

Q3. 同意書ってなあに?

在宅にてマッサージが必要であると医師が判断し、同意し、その確認をする書類のことを「同意書」といいます。「同意書」の用紙は当院で用意させていただきます。

Q4. どんなことをするの?

国家資格をもったマッサージ師が患者さまのご自宅を訪問し、症状にあわせたマッサージを施術いたします。関節可動域訓練(硬くなった関節を緩める訓練)、座位保持、などの運動療法も
提供し床ずれ予防(褥瘡予防)などの観点から体位交換も行い、
食事や更衣や排泄などの日常生活動作(ADL)の維持・向上を目指します。

Q5. マッサージの時間はどのくらいですか?

施術する場所の数(局所数)によって異なりますが、おおむね20分~30分程度です。

Q6. 料金はどのくらいかかりますか?

・医療保険適応ですので、各種保険の定める負担額になります。

・老人医療保険の方は1割または3割負担になります。

・社会保険、国民保険の方は3割負担になります。

・身体障害者受給者証(1級・2級)をお持ちの方は、手続きにより負担金が返金されます。

・生活保護を受けている方は負担はありません。

Q7.どんな状態の方が多く利用されるのですか?

脳梗塞の後遺症の方が一番多いです。

その他にもパーキンソン病、ALS、ガンによる疼痛がある方、
高齢で関節が固まってきたり、痛みや筋肉が萎縮している方、
特に病名はないが筋力低下や寝たきり状態になっている方などが利用されています。

Q8.何をしてくれるのですか?

患者さんによって必要なことや、やって欲しいことが異なりますので、
お伺いして「患者様が望むことは何か」を確認しながら、
痛みが強いのなら除痛のためのマッサージ(たまに鍼灸を行うこともあります。)を行います
。浮腫みがひどければ、浮腫みを改善するためにリンパマッサージを行います
。関節拘縮が強い場合は、関節を柔らかくする手技を行います。

Q9.来てもらうのに用意するものはありますか?

特にありません。楽な普段着でいていただければ大丈夫です。
車椅子に常時乗っている方は、ベッドや布団の上にあらかじめ移動しておいて下されば、
時間を有効に使えますので助かります。手を洗うために、洗面所をお借りすることがあります。

 

Q10.お金はいつ払うのですか?

基本的には、1ヶ月に1回月末に現金にてお支払いいただきます。
(但し、1回だけの治療などの場合は、往診した際にお支払い頂くこともございます。)

Q11.ケアマネージャーに相談しなくていいの?

ケアマネージャーさんは、利用者さんにとっての大事な方ですから出来れば
ご相談ください。しかし、直接こちらにお電話下さっても大丈夫です。
その場合はこちらから利用者さん担当のケアマネージャさんに連絡をとります。
当院では、多くのケアマネージャさんと常に交流しており、
利用者さんの病態に関する報告も定期的に行っております。

Q12.何回くらい訪問してくれるの?

現在、回数に対する制限はありませんので、良くなりたいと言う方や
痛みが強い方は週に5回行っている方もいます。
慢性期の疾患に対して施術効果をあげるためには、週3回程度が必要と考えております。

 

⑩適応症状・疾患(例)

 

★健康保険を使ったマッサージとは?

基本的には、通院するのがつらい… というの方への
在宅鍼灸マッサージ・リハビリテーションの制度です。

基本的には通院するのに介助を要する方の為の健康保険が使える在宅サービスです。

(しかし、通院できる方でも医師の同意書さえあれば健康保険をつかったマッサージは可能です。)

 

病気や怪我により家庭にて看護・介護を受けている方、車椅子をご使用の方、

杖を突いている方等で、鍼灸マッサージをご利用になりたい方に、

 

当院のスタッフがお宅へ伺いマッサージを致します。

早期のリハビリ、マッサージで寝たきりゼロを応援します。

★適応症状・疾患例

・脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)

・脊髄損傷後遺症

・骨折術後の後遺症

・交通事故による歩行困難(大腿骨骨折、脊椎損傷等)

・リウマチ

・パーキンソン病・症候群

・変形性膝関節症

・変形性脊椎症

・筋萎縮

・関節拘縮

・疾病のため日常生活が困難な方等

対象疾患:脳梗塞後遺症、脳出血後遺症、骨折後の関節拘縮、パーキンソン病、
リウマチ、脳性麻痺(成人)、変形性頚椎症、変形性脊椎症(頚部痛、背部痛、腰痛)、
変形性腰椎症、変形性膝関節症、変形性関節症、多発性脳梗塞、くも膜下出血、
脳腫瘍術後、脳挫傷、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、球脊髄性筋萎縮症、
シャイ・ドレーガー症候群、大脳皮質基底核変性症、運動ニューロン病、筋緊張性ジストロフィー、
後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、多発性硬化症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷、腰椎圧迫骨折、
大腿骨頚部骨折、糖尿病性抹消神経障害、関節運動障害、筋麻痺、関節拘縮、その他疼痛疾患など

 

基本的には上記疾患等で、麻痺や痛みがあったり、関節の動きが悪い方、

通院困難な方に健康保険適応での治療を取扱っております。

車椅子をご使用の方、杖を突いている方、寝たきりの方等で

マッサージをご利用になりたい方はご連絡下さい。

また通院できるけど「長年腰が痛い」、「階段降りる時に膝が痛い」、「糖尿病持ちで最近指がしびれる」

などといった方でも医師の同意書さえあればマッサージが出来ますので一度ご相談ください。

 

上記疾患に当てはまるかわからない方は一度当院にご相談下さい。
(上記の疾患は難しい漢字ばかりでどんな病気だか想像がつきにくいですよね?
わからないことがあったら詳しくご説明いたしますのでご安心ください。)

★主な効果

・ 疼痛の緩和

・ 関節拘縮の予防・改善

・ むくみ(浮腫)の改善

・ 血行不良の改善

・ 床ずれ(褥瘡)の予防・改善

・ 残存機能の維持・改善

■健康保険のご利用

医師の指示(同意書)をいただくことで治療費すべて健康保険適応になります。

同意書の用紙は当院に用意してあります。

 

往診代も保険によりカバーできます。健康保険が対象のため

介護保険を受けている方の訪問リハビリ等との併用が可能です。

ケアプランの作成には影響しません。

保険適応により負担が少なく、雨の日でも自宅にいながら

安心してマッサージを受けられます。

★保険取扱いに必要なもの

1.医師の同意書(用紙は当院にあります)

2.保険証のコピー

3.印鑑

★時間・料金について

治療時間   1回 30分程度

料金  1回    300円~600円程度(健康保険1割負担の場合)

障害保険の方は無料、もしくは一部負担となります。

★往診可能地域

西荻窪駅を中心に訪問しています。

吉祥寺東町・桃井・上荻・高井戸・南荻窪・善福寺・松庵周辺伺います。

一部可能でない地域がありますので当院にご確認下さい。

★テグー訪問マッサージ協会のスタッフは国家資格保有者です。

あん摩・マッサージ・指圧師

当院スタッフが心を込めて施術させていただきます。

★ご利用の手順

1.まずはご連絡下さい。ご相談をお受けします。

2.医師の同意書等必要な書類をお渡ししに行きます。
(かかりつけ医がいないという方も一度ご相談ください)

3.医師の診察を受け同意書を記入していただきます。

4.同意書・健康保険証のコピーができましたら、患者さんとご家族の方の

ご希望を踏まえ、往診計画を立てていきます。

保険を使ったマッサージがスタートします!

 

⑪介護医療関係者の方へ

 

「介護の現場は施設から患者様の自宅へ変わってきています。」

テグー訪問マッサージ協会では、寝たきり状態の患者様や、自力での歩行が困難の患者様

慢性的な腰痛を持っている患者様や、体の不調を抱えた一人暮らしの

高齢者のご自宅を週に1~5回程度訪問し、体の状態に合わせたマッサージや可動域訓練などを行います。

 

慢性期や維持期の患者様が在宅生活を続けていくためには、

痛みの緩和や残っている機能の維持・改善、

あるいは精神面のサポートが大切であると考えます。

・「腕の拘縮を良くして、家族の負担を減らしたい」

・「リハビリで回復した機能を自宅でも維持したい」

・「筋緊張を和らげて機能維持に努めたい」

・「血液の循環を良くして床ずれを予防したい」

 

患者様のこのようなご要望にお応えしたいと真剣に考えています。

訪問医療マッサージを行うえで、

医師をはじめ、看護師やOT、PT、ケアマネジャー、ヘルパーの皆様にご理解いただき、

関係機関と積極的に連携をとりながら、チーム医療の一員として貢献していきたいと思っています。

サービス内容や詳しいご利用方法については、お気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。
テグー訪問マッサージ協会をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

コメントを残す





サイト管理

このページの先頭へ