生理痛と骨盤矯正と股関節

女性の悩みの常に上位を占めているのが生理痛である。

生理痛の仕組みは”生理痛”のページをみていただくとして

骨盤矯正によってどんな流れでよくなってくるのかを説明しよう。

 

骨盤矯正はまず、最初に現在の骨盤の位置を確かめる。

後方変位や前方変位、上前腸骨りょう棘、坐骨の前後左右ほか

を確かめる。

誤差が生じないように正確に判断しなくてはいけない。

また、たまにその人の体特有のクセがあるので二次的なテストも

用意しておく。

 

骨盤矯正する。

 

するとずれていた位置が元の正しい位置に戻ると筋肉のよじれや

血流の流れがいい方に変化していく。

特に注目すべきは筋肉のよじれだ。

骨盤内宮でひっそりと頑張ってきた筋肉群が正しい場所へ

還るとその中の血液の流れが変わる。

子宮の形が正常になるのも見逃せない。

子宮の形が正常になるイメージとは、プレッシャーの

かかっていない状態に戻るということだ。

また自然に粘膜が破れるために痛みは来ない。

 

こうした流れで骨盤矯正は女性特有の憂鬱病から

解放できる特徴を持っている。

また、生理痛によって引き起こされる頭痛や様々な不定愁訴

にもいい効果を与えてくれる。

生理がしばらく来ていない人にも朗報の施術である。

 

股関節の痛みが続く人にも骨盤矯正は有効な施術となる。

ただし、女性は解剖学的に男性よりも外れやすい構造になっている。

 

股関節のみの調整もあるが、骨盤矯正で形と位置を正しく戻したほうが

長い目で見ればお得である。

コメントは受け付けていません。





サイト管理

このページの先頭へ